みようみまね

みようみまねでデCめくりをしてみました

 

レシピ

前J空デC黄キャン>デCヒット>裏降りタA>デC三段目ヒット>5HS(2)>8JS>デC>デA戻り>〜

 

成立条件

デC初段が起き上がりに当たる距離に敵がいること

 

対応キャラ

一部キャラにディレイだったり入力にコツがいるが ファウスト、ラム以外対応

 

メリット

・簡単な上にそこそこダメージが出る

・初見じゃ分かりにくい

・安易にファジーする相手に通る

・中下択が通りやすくなる

・〆によっては起き攻めの状況がループする

 

 デメリット

・黄キャンでやりにくいとはいえブリッツに弱い

・この状況にできるコンボの始動時、画面中央で終わることがほぼないので使い所さんが難しい

 

気分転換

暇つぶし程度に自分の楽しい楽しいギルティの現状を。

バージョンがrev2になり、ベッドマンが弱体化されてから自分はどうにもrev2のベッドマンに馴染めず苦戦していた。

ベッドマンを使えば使うほどキャラ性能に甘えていたのを自覚する自分に萎えてしまう。

そこでベッドマンから一度離れて別のキャラを使えば、また0からベッドマンを始める事は出来ないだろうかと考えた。

最初はソルを使っていたのだが、どうにも秘めた野生が解放されてしまい気づけばドラゴンインストールしてしまう。

それならカイはどうだろうとやってみた所、中々好印象で練習していたがとあるポチョムキン使いに

「リトマスちゃんはソルの方が向いてるねw」

と言われながらプレマで医者にボコボコにされた。

ソルは使いたくない、カイは向いていないと言われ、サブキャラ巡りもここまでかと思ったその時、あるポチョムキン使いが

「サブで誰もポチョムキンやらないんだよねー。やるなら教えるんだけどー。」

みたいな事を言ってきたので、

二つ返事で

「やってやるよ」

と言ってしまった。

……気分転換という名の苦行が始まった。

最初は最弱キャラ選んでおけばPSも上がるし良いだろうぐらいなつもりだったが危うくギルティを売りかけるぐらいには勝てなかった。

キャラの強みを押し付けるのが難しく、相手の行動一つ一つを処理していかないと負けるので課題は分かりやすいが相手の対策の対策を講じなければあっさり負ける。

つまり相手と同じ土俵に上がるまでが 難しい上に苦しいのだ。

これ以上書き続けても出るのは愚痴のみなのでここで終わることにする。

この苦行がまたベッドマンを使うときに役に立てば良いのだが。

 

 

 

REV2ベッドマン基礎コン()

▼前書き

基礎という事で簡単なコンボのみ

Rev2で変更された要素は組み込んでいません

対応キャラが書いてない場合は全対応

飛び込み始動は距離毎に異なるので割愛

次回は〆技(2D,タB,タC)ごとの起き攻め書けたらなと思っていますが空中デジャブが無限の可能性を秘めているので書くのは当分先かも

他にもこういうのあるよ!とかここ違うんじゃない?ってのがあったら教えて下さいm(_ _)m

 

▼通常技始動 

 

▼ 2D〆

地上の相手に触れたらとりあえずで出来るコンボ

タA重ねて置き攻めや固めが狙える

 

2P×n>2K>2D

暴れが通ったけどタBに繋がるかどうか距離微妙な時に

2Por2Kor5K>近S>5HS>2D

小技通って近S入れ込んだけどタB当たるか迷った時

2S>2D

牽制や置きの2Sが当たった時に

2Sが先端ヒットだと当たらない

 

▼タB〆

2K5HSがなくなったベッドにとって生命線となるであろう〆

距離によってはガードされるので2Dで〆るかどうかの見極めが大事

 2Kor2Por5K>近S>(5HS)>タB

小技で触れたら狙いたい

 

▼タC〆

2K始動は2Kが根元で当たらないといけないので少し難しいが決まればその後の状況はとても良いので覚えておきたい

同じ始動でもキャラによってコンボが違うので注意

また、アンサーには2Kの後に何か挟むとタCが入らないのでこれまた注意が必要

 

5K>5HS(2)>1HS>タC

ガンダッシュに対して置く5Kが当たった時に

(立ち限定)2K>近S>タC

対応

SO,RA,RV,LE,ZA,PO,AX,JC,BE,DI,FA,IN,MI,CH,JO,SI,KU,BA,VE

ややこしいがメイ医者エルカイジャムアンサーに入らないと覚えれば良い

2K>2D>タC

対応

MA,PO,ZA,FA,MI,JO(受け身可)

メイと医者のタC〆コンボ

2K>近S>5HS>1HS>タC

対応
KY,RA,LE,PO,JA,BE,FA,DI,JO,SI,EL

 カイエルジャムは2K始動だとこのコンボしか入らない

 

▼高空タC始動 

当たった後に拾えるので狙える時は狙っていきたい

近Sor遠S>タC

相手が真下にいた時に

5K>jc>JP>空タB

衝撃波のみ当たった時

 

ダスト始動

ガードされても五分な上、横ダストなら端に持っていけてデジャブも置ける上にダメージも出る

▼中央

横ダスト>近S>遠S>近S>タB

中央ならとりあえずコレ

上ダスト>JS>JS>JP>JS>jc>JP>JS>空タB

上ダストをするメリットは無いが何かの間違いでやってしまった時に

端(張り付き)

タCを設置できるルートが簡単なものから難しいものまで色々ある

横ダスト>近S>遠S>近S>タC

一番簡単

横ダスト>JD>JD>ディレイ空タC>近S>タC

慣れれば簡単に出来るコンボ

ダメージも出る

 

端投げ始動

端の崩しの選択肢が広がるので必須とも言える

投げ>5Kor遠S>5HS>タC

5K不可 RA

タCの確定以外バー対

投げ>遠S>9jc>JK>浮遊3JS>タC

上記のコンボよりダメージが多い

 投げ>遠S>9jc>JK>浮遊6JK>JS>近S>タC

不可ZA,FA, DI

一部キャラはタC後に拾い直すことが可能

 

 

REV2とベッドマン

▼変更点

・前ダ

→全体の硬直と当身の判定が短縮 速度が増加

・バクステ

→動作後半のやられ判定が拡大

・しゃがみ

→やられ判定が低く

・しゃがみガード

→やられ判定が低く

・6P

→判定が弱く

・2K>5HSのガト削除

・2HS,3HS

→通常やられに カウンターだと今まで通り浮く

・6HS

→めくりから恋ダンス

・JP

→やられ判定拡大

・空投げ

→rcから追撃可能に

・デジャブ

→空中で発動可能に

 

▼変更を受けての動きの変化

・マイナス面

今までよりもタCが設置しにくくなった

6HSが変更されて安易な起き攻めが出来なくなった

対空が少し難しくなった

・プラス面

空デを絡めたセットプレイ

 

▼所感

正直調整内容を見た時どうするんだこれと頭を抱えたし、実際に触ってみると今までの動きが出来なくなったせいか動き辛くなったように感じた

しかし慣れて行けば今までより立ち回りは少し辛いが動きを変えずに戦って行けるようになるはずだ

また、空中デジャブが予想以上に強かった

無限の可能性を秘めている

さらにモーションが変更された6HSを絡めたコンボも期待できる

ベッドマンの未来は想像したより明るいかもしれない

これからの研究に期待したい

 

 

 

 

メイベッド対抗戦

▼対抗戦の結果

自分は一番手で

vsラゲさん 勝利

vs御所いちごさん 勝利

vsテツさん 敗北

とそこそこの結果で

対抗戦の結果は手に汗握る極限の戦いの末、大将戦までもつれ込みベッド側の惜敗に終わった

 

 

今回の対抗戦で様々な収穫を得たので今回はそこについて書こうと思う

 

▼ベッドvsメイの流れと互いの狙い

メイはJSJHSを使ってベッドの行動に引っ掛ける様に立ち回り、イルカを設置した起き攻めへ

ベッドはそれに対しメイ側が触れない距離でデジャブを設置 それを軸に攻めていくことになる

この時のベッドの攻めは

・デAからデジャブを設置しシューティング

・デAを盾に前進してメイを触りにいく

・デAを餌にJSJHSを置きに来るメイを先にJPやJSを使って咎めるか様子見しながら前進

の3つに分かれていた様な気がする

メイ側はデAを咎めるように飛んだりラッコを盾に接近していた

 

メイ側の起き攻め

イルカ設置してから6Kか2Dの択

ラッコ設置してから表裏

昇竜のないベッドマンには厳しい起き攻め

またイルカやラッコがない時もダストと固めからのOHKに飛び逃げ防止のタメ6HSがあるので油断できない

 

▼ベッドマン使いとしての収穫

・浮遊での様子見

自分は浮遊したら飛び込んで浮遊したら飛び込んでというのを繰り返してやられていたが、赤段文字段の方々は浮遊して飛び込むだけでなく浮遊したまま様子見をしてガードしたり地上に降りて相手の飛び込みを誘ったりしていた

この気づきは今回の対抗戦で最大の収穫

・行動のレパートリーの多さ

赤段や文字段の方々は同じ状況でも複数の選択肢を取っており、相手を惑わしていた

自分もワンパターンにならないようにと意識しているつもりではあったがいざ蓋を開けてみれば単純な行動ばかりだった

これからは色々な行動を定着させていきたい

 

▼終わりに

結果はそこそこであったが試合内容はあまり褒められたものではなかった
緊張のあまり動きが鈍っており、経験値の無い自分の肝の小ささが恥ずかしく悔しかった
それでも試合が終わった後に励ましの言葉をくださったベッドマンチームの方々には感謝しきれない

初めての対抗戦だったが、観戦しながら思わず叫んでしまう程熱くなっていて次回このような機会が有ればまた参加したいと思えるような面白い対抗戦だった

次は今以上に強くなってリベンジしたい

 

 

 

 

とりあえず

▼始めた理由と読んでくださる方々へ

格ゲーのモチベ維持の一環として始めることにした

※なるべく間違いのないようにはするが専ら備忘録として使用するので誤字脱字や誤用、支離滅裂な文脈が見受けられると思われるが寛大な心で見ていただけると嬉しい


使用キャラ

GG ベッドマン

UNI メルカヴァ


▼TwitterID

@tottokojojotaro


▼初心者脱却への道

本格的にギルティギアを始めて約3ヶ月

個人的に始めた頃に比べれば成長出来ているがまだまだ初心者である

なぜなら勝つことは出来ているが、何も考えず本能のままに技を振って当たった所にベッドマンというキャラの強みである分からん殺しを押し付けているだけで、キャラクターに頼って勝っているだけだからだ

キャラクターの強みを押し付ける事は大事だが、それを理解している強い人達には勝てない

よって、全てのキャラができる部分を伸ばすことによって強い人達に少しでも並ぶことが出来るのではないかと考えた

特に自分が重要だと勝手に思っているのは

対空、コンボ完走と選択、相手の技への対処

の3つである

これら3つの問題の現状と解決策について素人考えではあるが記していきたい

もっとこうした方が良いみたいなアドバイスがあれば上記のツイッターIDにリプを送ってくださるとありがたい


まず対空から

相手の空中行動に反応して6PやJPが出来ずついガードしてしまう

空中行動を通すと相手にターンを取られるので咎めてしっかり対応したいのだが、自分の反応と選択が遅くなかなかできない

よって対戦中はなるべく空中に意識を割くようにし、それが定着するよう努力する


次にコンボ完走とコンボ選択

5HSが当たらない距離でコンボに5HSを組み込んだり、しゃがみ確認ができなかったり、ダメージが出るコンボにできる状況になっても簡単なコンボにしたりというのが多い

これは自分のトレモ不足なので、対戦以上にトレモをする時間を取るようにして状況毎に最良のコンボを選択し完走できるようにしたい


最後に行動への対処

例えば昇竜をガードすれば確反といったような、知識に基づく対処ができておらずボッたくられているというような事である

またBBを空直ガすれば確定で投げることができるが、それが実際に出来ないといった練習不足という面もある

これは行動毎に調べてトレモをすれば解決するはずなのでこれから調べてトレモをするという習慣をつけていきたい


以上のような目的を持たずにやっても面白いが、目的を達成して上達したいと自分は思う


まだまだその道のりは長いけれど近い内に赤段に、いずれは文字段になりたい


次はベッドマンのコンボや起き攻めまとめやキャラ毎に意識することなどを書こうと思っている



読みづらい文章失礼しました